TOEICという試験を聞いたことがあると思いますが、具体的にどのような試験なのか分からないという人も多いのではないでしょうか。 そもそもTOEICとは英語のコミュニケーション能力を評価する試験のことをいいます。 これは日本だけではなく、世界共通の試験です。 一般的な資格の試験だと合否がありますが、TOEICにはありません。 TOEICの場合は10点〜990点までの点数で評価されます。 そのため、その人の現在の英語のコミュニケーション能力がどのくらいなのか明確に把握することが可能です。 このTOEICは世界約150カ国で実施されており、その国の文化背景などは試験で除外されます。 そして、TOEICは一般的な日常会話だけではなく、ビジネスに関する英語も関わってくるので幅広い英語のコミュニケーション能力が求められると思ってください。 TOEICの点数が高ければ高いほど英語のコミュニケーション能力に優れているといえるので、就職活動や転職活動、入試などにも大きな影響を及ぼすと考えていいでしょう。